スタッフブログ

あじさいの七変化

2016/06/23

梅雨前線の停滞で今週は雨に悩まされますね(^_^;)

さて梅雨と言えばアジサイの花が象徴的ですが、雨に濡れた姿はやはりアジサイによく似合いますね。先週の日曜日、この時季に訪れる人も多い鎌倉あたりを散歩してきました。予想通りの混雑はどこへ行っても同じでした。アジサイ寺としても有名な明月院は北鎌倉の駅を降りたすぐから行列が続き、その行列は山門を潜ってからも延々と。今やスマホを持った人すべてがカメラマン状態。なるほど・・・・行列の原因に納得。アジサイを見に来たのか人を見に来たのか・・・・兎も角も、アジサイだけに目を向ければそこにはあざやかな色彩が広がってみごとな景色を見せてくれます。ここ明月院のアジサイは日本原産品種のヒメアジサイが多く、玉になった花の房がかわいらしい形をつくっています。ほかにもアジサイは品種改良が進み、新しい品種が咲き誇っていました。美しい青やピンクの花色は土の中のアルミニウムとアントシアニンが反応して発色することを知りました。酸性の土壌にはアルミニウムがよく溶けだし、鮮やかな青となり、そうでないアルカリ性の土壌ではピンクの花となるそうですね。中には白いアジサイもありますが、色素がないので土壌に関係なく白いままだうです。

アジサイを堪能した後は当然お腹もすき、食を求めて・・・・けれど当然、お茶をしたくても食事をしたくても、この人の波が押し寄せていくわけで。下調べして行ったお店はどこも入れずじまい。こんどは平日に訪れたい鎌倉散歩でした。

2016-06-19 09.10.232016-06-19 10.03.05

2016-06-19 10.16.26 2016-06-19 10.19.18 2016-06-19 10.38.48 2016-06-19 10.42.09

 

5年目の3.11

2016/03/11

復興途中の被災地でタクシードライバーが体験した幽霊現象を題材にした卒論を書いたという女子大学生のことが今朝のニュースで取り上げられていました。怖いと思うより、むしろ対してタクシーから降りるときに温かい声を掛けたと言う、ドライバーさんの気持ちが温かいですね。自分の命が突然奪われたことを知らずに彷徨っている魂がまだ、たくさんおられるのだと思うと心が痛みます。だから、これからも共に生きていこう!と被災地の方達は思いを新たにしておられることと思います。今まで以上にご自分たちの日常が戻りますようにと、お祈りするばかりです。梅から桜の季節へ…花は咲く!

 

紅葉の北陸~能登・加賀2泊3日

2015/11/16

ちょうど一週間前、あいにくの悪天候の中、羽田空港から能登空港へ向けて飛び立った飛行機。北陸新幹線開通に沸くこの時期、なんで飛行機なの?と思うも、まあ飛行機なら一時間もかからずに目的地についてしまうから、有効な時間の使い方もできるし・・・などと、雲の中を飛びながら考えたりした。

着陸態勢に入ってから間もなく、悪天候により着陸を試みたが羽田空港へ引き返

すことになったとのアナウンス・・・はて?旅はこのまま中止か?能登空港じゃ
なく近くの小松空港への着陸は無理なのか・・・・東京へ戻って新幹線で出直し
か・・・・旅費はどうなるのだろう・・・・いろいろな思いが交錯。同乗客の中
には添乗員に当たり散らす人まで・・・機内は重たい空気のまま結局、羽田空港
に舞い戻り到着ゲートから一旦外へ。再度長ーいロビーを歩き出発ゲートから荷
物検査を二度も受け、幸い空席のあった小松空港行きに乗り換えてやっとの思い
で北陸へ向けて仕切り直し。一人や二人の旅ではなく、90歳の足の悪いお年寄り
から女性も含めて11人の大人数の移動は困難を伴う。幹事はたいへん!
そんなこんなで旅は、小松空港からのはじまりとなった。予定されていた能登金
剛での昼食はキャンセルとなり、小松空港で急きょ調達したます寿司弁当を現地で
用意されたチャーターバスのなかで頂くこととなった。お世話になる添乗員さんと運転手さんはベテランで細やかな気配りをして頂きこれから2泊3日の旅がさらに印象的な旅に。

2015-11-08 15.41.43

伊勢の夫婦岩と並んで有名な能登二見といわれる「機具岩(はたごいわ)」や、松
本清張の小説「ゼロの焦点」の舞台となったの巌門などは国定公園にもなってい
る奇岩のつづく景勝地として有名なところ。雨でほとんど車中からの見学。能登の夕暮れは早い・・・?

2015-11-08 16.55.40 2015-11-08 16.48.58
いつの間にやら夕暮れが迫り「キリコ会館」の見学が終わったころにはあたりは
真っ暗。キリコのお祭りに使われる巨大な灯籠のほの明かりが夕暮れの空に残像
として映り込んだ気がする。青森のねぶたは人の形や竜(だったかなぁ・・・)な
どを灯籠に仕立てているが、キリコはすべて長方形の灯籠に文字や絵が描かれている
のが特徴的。なんでも、お盆よりも大事なものということで、お盆に帰省しなく
てもキリコ祭りに合わせての帰省があたりまえとなっているそうです。
このあと立ち寄る予定だった白米千枚田(世界農業遺産)は日没のため残念ながら
見学を断念。最初の宿泊地、和倉温泉に荷を下ろしました。
石川県七尾市に位置する和倉温泉の泉質は、ナトリウム・カルシウム塩化物泉、
弱アルカリ性で、塩分が非常に強くとても温まりました。
夕食はやはり北陸の温泉地らしく、和食プラスカニですね!

2015-11-09 08.43.33

宿前にて・・社長と事務員

2015-11-09 08.50.57 2015-11-09 08.46.042015-11-09 08.50.42
翌朝、七尾湾を眺めながら先輩にごちそうしていただいたコーヒーは最高でした。
この旅館の庭園はよく作ってあると社長がはなしていました。やはり造園会社の
旅はまず、そこですよね。みどころ!

2015-11-09 11.12.42 2015-11-09 10.59.40 2015-11-09 10.59.24 2015-11-09 12.55.22 2015-11-09 12.53.382015-11-09 10.52.26
二日目は金沢市内へ。武家屋敷の街並みの中を歩いたり、その庭園を見学した。
おりしも雪つりの始まった兼六園内を散策。象徴の二本足の徽軫灯籠(ことじと
うろう)も鎮座していました。古木のもみじもいい風情。また、なにより松の木
が多かった印象です。松の木は手入れがむずかしいというかたいへんと聞いてい
るので、こんなにたくさんの木を手入れする職人さんがたくさんいるのだと思う
と、やはりさすが加賀藩の息のかかった(?)日本三名園のひとつなんだなぁと感
心するばかりでした。
二日目は、北陸三県で最大級の温泉街(山代・山中・片山津)のひとつと称される
山代温泉にお世話に。最初の和倉温泉の仲居さんもこちらの仲居さんも最高に楽
しいベテランさんでした。この山代にはかつて北大路魯山人の寓居跡などもあり、
ほんとうは昼間歩いてみたい街でしたが、残念ながらお食事と温泉を堪能するに
とどまりました。ここは弱アルカリ性の硫酸塩泉で、二日でぜいたくな温泉バイ
キングとなりました。

2015-11-10 10.25.12 2015-11-10 10.37.57
翌日最終日は、曹洞宗大本山永平寺の厳しい見学修行?(のつもりで拝観しないと
いけないということでしたが・・・)学生の頃、学校の行事で鶴見の総持寺で参
禅修行をした経験があるけれど、またお泊り修行してみたい気がしました。身が
引き締まって一度はいいものです。

2015-11-10 13.00.11 2015-11-10 12.56.11
そして最後の見学地、東尋坊。やはりお坊さんに由来する地名だと知った。悪事
の限りを尽くした僧侶、東尋坊を持て余した仲間の僧侶たちが東尋坊を酔わせて
海へ・・・・って、殺人事件では・・・というエピソード残るいわゆる自殺の名
所としても知られているけれど、地元の人にとってはそれはあまりうれしくない
飾り言葉かも。
お昼には越前そばも頂いて、お土産も買って、ハプニングのあった小松空港から
羽田空港へ。いろいろあった二泊三日の旅はこれでおしまいです。
いつかこんどは、北陸新幹線に乗って再び訪れたいと思う北陸でした。

by Muraki

七夕祭りの思い出~昌平町

2015/07/28

2015-07-26 11.50.482015-07-26 12.29.53

熱い茂原七夕祭りが終わった。YOSAKOI夏の陣、圧巻だったなぁ…よさこいは高知でしょう!そんな現代的にアレンジされた踊りのどこが…という思いは、間近で見る自分を呑み込む勢いで圧倒された。あの暑さの中、老いも若きも一ヶ月以上もの間練習した成果を一気に噴出させてお見事というより他はなかった。やっぱ日本人にはお祭りの血が騒ぐようになっているのか。

2015-07-26 12.13.13 2015-07-26 12.13.29
会場のひとつ、市役所に程近い昌平町の通りは昔の古い造りの建物が残る商店街で、普段はひっそりとしているが、七夕の時は活気が戻る。ほとんど閉まっているお店が多い中、だいぶ前から気になっていた陶器屋さんに初めて入ってみた。いつも開いているのに、すんなり入る勇気がなかったのでいいチャンスに恵まれた。外国の観光客が見えたのだ。入れそう…一気に昭和に戻った感覚。

2015-07-26 12.15.53 2015-07-26 12.16.16

ウワァ、懐かしい!時代を感じる陶器が棚にビッシリと並ぶ。古九谷、織部、黄瀬戸が普通に置いてある。陶器だけでなくガラス製品も。昔どこにでもあったような懐かしい食器類が…その中、一目で気に入ったウサギの図柄の黄瀬戸のお皿を二枚購入。人の良さそうな店主がキンキンに冷えた麦茶をこれまた、心くすぐられるレトロなグラスに入れて出してくださった。さらに「面白いもの見せてあげるよ」と案内されたのはレジの近くに置かれた「まぼろし探偵団、第一回主演吉永小百合」のキャッチコピーが付いたイラストの湯呑み茶碗。好きな人にはたまらないものなのだろうなぁ…それより気になったのはレジスター。思わず「現役ですか?」と聞いてしまった。回答はYes。オー!大感激!しまった!買い物したのに、麦茶に感激していて、そのレジを打つ瞬間を見逃した!今来ていた外国のお客さんは韓国からだそう。「じゃあ、たくさん買ってくださったでしょう?」と聞くと、「陶器は重たいから、箸だよ…」この時期は昌平町もグローバルになるんだ。こういうお店はずっと残っていてほしい。土がむき出しの土間は貴重です。こういうお店の維持に市を挙げて活気を取り戻してほしいなぁ…もし、あの店主がいなくなったらお店もお仕舞いになってしまうのかと思うととても惜しい。ここ昌平町では六斎市なるものが今も続いていて、開催日には野菜や植木などを売るお店が通りの両側に軒を連ねる。
そもそも六斎の意味は、仏教で在家の人が身体,言葉,心 の三業を清らかにして慎むべき日で、8,14,15,23,29,30の6日を六斎日と称し,その日には自己の行為を反省し,善事を行うということ。その六斎に因んで慶長11年(1606年)に開設された、400年も続く定期市で、毎月四と九の付く日(4日、9日、14日、19日、24日、29日)に市が開かれている。当時は、ほかに近隣の本納が一と六、長南が二と七、大網が三と八、一宮が五と十…というように毎日どこかで市が開かれていたらしい。冬至の賑わいが戻ったら楽しいだろうなぁ・・・・

2015-07-26 12.08.222015-07-26 12.43.51

七夕の前に終わった八坂神社のお祭りの「鯛ちょうちん」も製作している光景を見ることができた。商売繁盛、五穀豊穣にご利益があると言われ、今は経木で「鯛ちょうちん」を作っている。今年の七夕は私にとって大収穫の夏の思い出に。土間の猫も暑くてかなわんにゃあ・・・熱い熱い一日が終わった

by Muratin

母の思いでとともに

2015/05/11

8年前の母の日、すでに治ることのない病に罹り療養中の母が私たち娘夫婦の棲む茂原へ気分転換になるからと尋ねてくれたのが、ついこの間のような気がする。手作りの松花堂弁当をこさえてお家の中でピクニック気分を演出。翌日、勝浦の朝市へ出向き、久々に気分の高揚した母を見たときは少しうれしかった。その時に買って来たかつをのお刺身がやけにおいしかったことを覚えている。そんな日を思い出し、きのうは春らしい練切とおまんじゅうを求めた和菓子店で頂いた一輪のカーネーションとともに母にお供えした。それぞれの思い出、みなさんはどんな母の日を過ごされましたか?

今週も2周年記念SaleのけやきHouseは皆様のご来店をお待ちしております

2015-05-11 15.27.44 2015-05-11 15.26.45 2015-05-11 15.24.502015-05-01 08.41.01